top of page
マリア・タニグチ

マリア・タニグチ

Maria Taniguchi

1981年ドゥマゲテ生まれ、マニラ在住。マリア・タニグチは2015年にヒューゴ・ボス・アジアアート大賞を受賞し、第12回光州ビエンナーレに参加するなど、フィリピンを代表する芸術家の一人です。彫刻やインスタレーションなど様々なメディウムで知られる作家ですが、代表作は、2008年より継続して制作している、ブリック・ペインティングと呼ばれるレンガの壁を描いたような絵画作品「Untitled」シリーズになります。一つ一つのセルを手作業で入念に仕上げる制作プロセスが、絵画の表面に僅かな変化と複雑なパターンを生み出しています。レンガ壁を描いた、のではなく、レンガ壁としての絵画を成立させることで、平面作品がある種の物質的現実として、絵画でも建造物でもない、あるいはその両方である何かとして、立ち現れています。

Born in Dumaguete in 1981, lives and works in Manila. Maria Taniguchi is one of the Philippines' leading artists, having won the Hugo Boss Asia Art Prize in 2015 and participated in the 12th Gwangju Biennale.
The artist is known for her various mediums, including sculpture and installation, but her representative work is "Untitled" series of paintings, which she has been working on continuously since 2008, which look like a brick wall. The process of carefully handcrafting each cell creates slight variations and intricate patterns on the surface of the paintings. By establishing the painting as a brick wall rather than a painting of a brick wall, the two- dimensional work stands as a kind of material reality, something that is neither a painting nor a construction, or both.

​■大使のコメント

Her Excellency Mylene J. GARCIA-ALBANO

上海のロックバンド美術館で2015年ヒューゴ・ボス・アジア・アート賞 アジア新進アーティスト賞を受賞したマリア・タニグチは、その特徴的な「レンガ」の絵画で、すでに様々な国際展で紹介され、現代アーティストの中でも注目の存在として知られています。 第1回「World Art Osaka」での彼女の参加は、世界に通用するフィリピンのクリエイティビティを日本にもたらすことだろう。

Recognized as 2015 Hugo Boss Asia Art Award for Emerging Asian Artists at the Rockbund Art Museum in Shanghai, Maria Taniguchi has emerged as one to watch out for among contemporary artists with her signature "brick" paintings that have already been featured in various international exhibitions. Her debut at the first "World Art Osaka" shall bring forth world-class Filipino creativity to Japan.

bottom of page